MENU

溶けかけてるうさぎ HP GALLERY BLOG TOP RECENT ARTICLES POPULAR ARTICLES ABOUT THIS BLOG

CATEGORY

大学 (130) 仕事 (11) 航空宇宙 (91) 写真 (65) 旅行 (28) 飯・酒 (14) コンピュータ (111) その他 (42)

TAG

ARCHIVE

RECENT

【フィルムカメラ】現在使用してる ROLLEICORD アクセサリ 生誕10000日目 記念日 【Archive】「フィルムカメラのススメ」発表スライド (ArkEdge Space LT会) 新卒入社したCookpadを退職しました(後編) ―社会人博士としての2年間― 新卒入社したCookpadを退職しました(前編) ―D進とIT企業への入社と退社―

【Archive】ARLISS 2016 東大チーム 報告スライド

事象発生日:2017-10-18

記事公開日:2017-10-18

アクセス数:3409

学部3年でARLISS (A Rocket Launch for International Student Satellites) にサブプロジェクトマネージャーとして参加し,Comeback Competition部門優勝,またTechnology AwardのBest Comeback Algorithm賞を受賞した.

これは,火星ローバーを模擬した宇宙工学の国際コンペティションであり,ロケットで打ち上げ,放出,パラシュート展開,着地,地上走行,目的地到達をミッション中,一切人の手を介さない自律制御にて行うものである.

 

このチームで技術系のトップとして,システムマネージメントを行った.

さらに,制御系のトップも併任し,搭載ソフトウェアの開発・実装,飛行時や地上走行時のアルゴリズム開発・実装を行った.

この大会で,チームを率い,まとめる能力を発揮できたと考えている.

また,冗長性・信頼性の高い機械をつくる大変さと,世界中から集まった学生と技術に関するディスカッションや宇宙開発に対する思いを共有する大切さを学んだ.

 

そこで,ARLISS 2016 東大チームの報告スライドをここに記録しておく.

0.はじめに

このスライドは,後輩に向けて,ARLISS 2016の様子を簡単に伝えるためのものである.

 

詳細な話など,ARLISS 2016のその他のスライドについては,関連記事「」に載せました.

1.ARLISS 2016 東大チーム 報告スライド

関連記事

コメントを投稿

名前

Email (※公開されることはありません)

コメント