MENU

溶けかけてるうさぎ HP BLOG TOP RECENT ARTICLES POPULAR ARTICLES ABOUT THIS BLOG

CATEGORY

大学 (102) 航空宇宙 (70) 写真 (50) 旅行 (26) 飯・酒 (13) コンピュータ (102) その他 (28)

TAG

ARCHIVE

RECENT

今日から修士論文休み 内定式でした 【打ち上げ】H-IIBロケット8号機の打ち上げリベンジ 【星景写真】種子島で星景写真撮影 その2 【フォトフォーク】しむさんぽに参加してきたよ!

【写真】フジノンレンズ XF56mmF1.2 R の虜になってしまった

事象発生日:2018-12-09

記事公開日:2018-12-26

」で述べたように,富士フイルムのミラーレスカメラに乗り換えるにあたって,XF50mmF2 R WRとXF56mmF1.2 Rで悩んだ結果,XF56mmF1.2 Rを購入しました.

 

ネットでの評判は,軽くて安くて寄れてとハンドリングの良いXF50mmF2 R WRをおすすめする声が大きいですが,X-T3を購入して1ヶ月,XF56mmF1.2 Rの虜になってしまいました.

ここでは,カメラを乗り換えてからXF56mmF1.2 Rで撮った写真とそのパラメタを載せつつ,少々コメントしていきたいと思います.

1.撮影機材

■ カメラ

FUJIFILM X-T3(シルバー)

■ レンズ

XF56mmF1.2 R

2.XF56mmF1.2 Rで撮影!

Instagram

富士フイルムに乗り換えてから,Instagramをちゃんと更新するようにしました.

適当にハッシュタグつけてると,海外から結構いいねが飛んできてびっくりします.

 

解像感

XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/75, F1.2, ISO 3200, EV0, Classic Chrome
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/5400, F1.8, ISO 640, EV+0.33, Pro Neg. Hi

一番驚いたのが,F1.2のぼけ感ではなく,この解像感です.

F1.2開放で,このカリカリさ.

純粋にすごいと思います.

 

ブログに上げるためにリサイズしてしまってるのがもったいなくて,等倍でみるとさらにカリカリ感がわかります.

質感

XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/180, F3.6, ISO 320, EV0, Astia
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/1250, F1.2, ISO 320, EV0, Astia
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/80, F4.5, ISO 1000, EV0, Classic Chrome

もみじの乾いた感じとか,樹皮の感じとか,質感がとても現れてくれます.

最近,スマホなどで彩度をあげまくった(色飽和した)鮮やかな写真がよく見られますが,個人的にはこういう写真が好きです.

ぼけ

XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/640, F1.8, ISO 320, EV0, Astia
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/1250, F1.2, ISO 320, EV0, Astia
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/500, F1.2, ISO 320, EV+0.67, Velvia
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/950, F1.2, ISO 320, EV+1.33, Astia
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/2000, F1.4, ISO 200, EV+0.67, Astia

F1.2はちょっとした暴力ですよね.

たまにちょっと絞ったりしながら,ちょうどいい被写界深度を探り探り撮ってます.

 

ぼけ具合は,境界がだんだん溶けていくような感じで,こういうタイプは初めてです.

雰囲気

XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/420, F1.2, ISO 320, EV0, Classic Chrome
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/900, F2.2, ISO 320, EV0, Classic Chrome
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/85, F1.2, ISO 1600, EV-0.67, Velvia
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/85, F1.2, ISO 1250, EV+1, Astia
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/85, F2.2, ISO 3200, EV+0.33, Astia

レンズがいいのか,フィルムシミュレーションがいいのか,撮影場所の雰囲気がかなり表現できて満足しています.

Classic Chromeは,控えめな色と硬い階調で,このレンズの解像感と相まっていい味を出してくれます.

白飛びしやすい雪での撮影

XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/22000, F1.8, ISO 320, EV0, Velvia
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/1100, F6.4, ISO 640, EV+1, Velvia
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/750, F4.0, ISO 640, EV+1.33, Velvia
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/5400, F1.2, ISO 640, EV+0.67, Velvia

陽があたった雪は,たいてい白飛びしてしまうんですが,今回はちゃんと色が乗っている気がします.

不思議なことに,この画像のRAWをLightroomに読み込ませると,雪は真っ白になるんですよ....

 

富士フイルムの色,すごいですね.

ふらっとスナップ

XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/2700, F1.2, ISO 640, EV+0.67, Velvia
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/5400, F1.2, ISO 640, EV0, Velvia

この2枚は,休日の日比谷公園で撮影しました.

F1.2開放で撮っているにもかかわらず,樹皮などがかなり解像しています.

 

XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/85, F16.0, ISO 640, EV+0.67, Velvia

光芒はこんな感じ.

木漏れ日なので,条件は悪いかも.

 

XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/1700, F1.2, ISO 320, EV0, Astia
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/550, F1.2, ISO 320, EV0, Astia

F1.2開放で木々を切り抜くと,それだけで絵になりました.

 

XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/150, F2.5, ISO 320, EV0, Pro Neg. Hi

ちょっと絞って,カリカリな質感を.

 

XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/240, F1.2, ISO 640, EV-0.67, Pro Neg. Hi
XF56mmF1.2 R, 56mm, 1/85, F2.5, ISO 800, EV0, Pro Neg. Hi

寄れない,という欠点はありますが,小物も撮れます.

寄れないので,こういった構図にはなっちゃいますけどね.

3.おわりに

カメラを買った時,一緒にXF18-55mmF2.8-4 R LM OISも買ったはずなのですが,あまり使わなくなってしまいました....

やっぱ,大口径単焦点レンズは正義ですね!!

 

XF16mmF1.4 R WRとか欲しい....

4.関連記事

コメントを投稿

名前

Email (※公開されることはありません)

コメント