MENU

溶けかけてるうさぎ HP BLOG TOP RECENT ARTICLES POPULAR ARTICLES ABOUT THIS BLOG

CATEGORY

大学 (99) 航空宇宙 (67) 写真 (42) 旅行 (22) 飯・酒 (12) コンピュータ (101) その他 (25)

TAG

ARCHIVE

RECENT

【カメラ】FUJIFILM X-T3用にZEISSのMakro-Planarを買った -Touit 2.8/50M- 【宇宙】SPACETIDE 2019 に参加してきました 【D進】博士後期課程 出願しました! 【写真】WALL DECORで写真を印刷した いろいろ考える飲み会だった

【人工衛星】AXELSPACE社のGRUS1号機の打ち上げイベントに参加し,さらにファーストパス受信にも立ち会うことができました

事象発生日:2018-12-27

記事公開日:2018-12-27

AXELSPACE社が2022年の完成を目指す地球観測コンステレーション「AxelGlobe」を形成する人工衛星「GRUS」最初の1号機の打ち上げイベントに行ってきました.

加えて,打ち上げから半日後のファーストパス運用(打ち上げ後の人工衛星から最初の電波を受信する運用)にも立ち会わせていただきました.

1.打ち上げイベント

打ち上げイベントは,新日本橋のAXELSPACE本社で行われました.

今回打ち上がったGRUSの1/2模型です.

100kg級みたいですね.

会場はこんな感じ.

シャンパン美味しかったです.

研究室OBでもあるCEOの中村さんをはじめ,様々な方々が様々なコメントをしてました.

(CBDOの方のプレゼンは,内容がなく,アレというか,正直,社のイメージさげるような感じでしたが....)

今回はボストチヌイ射場からソユーズ-2.1aでの打ち上げでした.

打ち上げは11時07分18秒,予定通り上がりました.

 

ボストチヌイ,日本との時差がないのでいいですね.

 

この時間に打ち上げて,ファーストパスが22時40分くらいなので,まあ順当に太陽同期準回帰軌道って感じでしょうか.(もうTLE出てそう)

今回使用されたロケットの模型です,

可愛い.

2.ファーストパス運用

打ち上げから半日後,22時ごろに再びAXELSPACE本社を訪ね,ファーストパス運用に立ち会いました.

 

打ち上がった衛星が死んでるか生きてるか,これでわかります.

 

可視に入ってから沈黙が続き,その1分後にパケットが降りてきました.

 

ノミナルで9600bps出てました.

研究室では地球周回ではなく深宇宙をやっているので,あー速いなー,と.

 

そういえば,帯域はUHFで,アンテナは弊研究室のを使ってるみたいですね.

GRUS自体にはSとXバンドがのってて,200Mbpsでおろせるそうです.

AXELSPACEとしては,今後はSvalbardにあるKSATの地上局を使うと言っていました.

さすが,高緯度にあるだけあって,1日14パスぐらいいけるっぽいです.

 

 

電源まわりともろもろのデータをおろし,さくっとヘルスチェックを終え,ファーストパスでSafeモードからNormalモードへ遷移させていました.

いきなりモード遷移は初の試みだそうですが,眺めていて手慣れてるなぁ...と感じました.

 

 

(あ,写真のネットへのupは,CEOに許可とってます.)

3.出典

AXELSPACE. GRUS. Retrieved December 27, 2018, from https://www.axelspace.com/solution/grus/
AXELSPACE. 「GRUS」打ち上げ・初期動作確認のお知らせ. Retrieved December 27, 2018, from https://www.axelspace.com/info/news/20181227/press_20181227/

4.関連記事

コメントを投稿

名前

Email (※公開されることはありません)

コメント