MENU

溶けかけてるうさぎ HP GALLERY BLOG TOP RECENT ARTICLES POPULAR ARTICLES ABOUT THIS BLOG

CATEGORY

大学 (133) 仕事 (11) 航空宇宙 (94) 写真 (65) 旅行 (28) 飯・酒 (14) コンピュータ (111) その他 (42)

TAG

ARCHIVE

RECENT

【研究】博士論文 予備審査 終わったよ 【研究】博士論文のイントロよ 【フィルムカメラ】現在使用してる ROLLEICORD アクセサリ 【CanSat】缶サット甲子園を目指す高校生向け電子系・構造系講座 2022年度版 @福井 生誕10000日目 記念日

【研究】博士論文のイントロよ

事象発生日:2022-09-03

記事公開日:2022-09-03

アクセス数:427

最近雑なブログを書いてなかったのでたまには.

そろそろ博士論文の中間試問ってやつがあるんですよ.

そのイントロについて.

 

 

「お前は災害監視(≒防衛・安全保障)における地球リモセンの課題を解決したいのか,それとも超高精度フォーメーションフライト(衛星編隊飛行)でひゃっはーしたいのかどっちなんだ?」と自問自答を繰り返しています.

 

 

論文を書くときによく言われることの一つとして,「入口は大きく,本題で着目点を掘って,そして出口でまた広げる」というのがあります.

これは,イントロでは高い視点でビッグピクチャーを描き,本題ではきちんと着目したいスコープで問題を解決し,そして結論では再び広く様々な領域で適用可能なことを述べる,というものです.

 

学部4年からかれこれ6年も同じテーマで研究をしていると,学会論文や投稿論文を何回も書くわけで,このイントロ部と結論部のストーリーはどんどん洗練されていきます(“洗練” というより,“収束” が正しいかも? 最近ほぼ同じ文面になってきている.).

 

しかしながら博論となると,このイントロに求められるものが若干違う気がしてるんですよね.

 

博論に求められること,それは大学や分野によって異なると思いますが,ここでは「新規性のある一般化可能なアイデアとその証明と考察」な気がしています(そういう決まりがあるわけではなく,僕が勝手に主観的に感じているものを雑に1文にしただけ).

 

とすると,イントロというものは,たくさんの社会課題の解決に適用できるという主張(卒論・修論がこんな感じだった)だけでは弱く,もっとこう,技術レイヤにおいてでも,横展開可能な論の展開をも組み込みたくなってくるわけです.

つまり,テクニカルにも広いし,アプリケーションでも広い,と言った感じ.

 

 

となると,まあロジックが変わるのでイントロは全書き換え,スライドもぜんぶ作り直し.

とはいえ,現行版がそれなりにきれいな流れとなっているので,変に修正しようとするとかえっておかしくなってしまう.

 

そんで,複数のレイヤの話がまじると,煩雑になるし,ストーリーが1本筋ではなくなるし,ぼけるし,はてどうしましょうか.

 

 

と言った感じで,中間試問が迫ってますが,論の流れが決まりきらず,手が進んでおりません(そんな~).

関連記事

コメントを投稿

名前

Email (※公開されることはありません)

コメント