MENU

溶けかけてるうさぎ HP BLOG TOP RECENT ARTICLES POPULAR ARTICLES ABOUT THIS BLOG

CATEGORY

大学 (85) 航空宇宙 (55) 写真 (25) 旅行 (14) 飯・酒 (11) コンピュータ (88) その他 (13)

TAG

ARCHIVE

2018 (92) 2017 (80) 2016 (0)

RECENT

【駅メモ】4年目に突入して,ようやく3000駅突破 【WebRTC】Raspberry Pi搭載ロボットをWebRTCで遠隔操作しようとして失敗した 【航空宇宙】航空宇宙アドベントカレンダー 始まります! 【Perl】YAPC::Tokyo 2019 のチケットを確保しました! 【カメラ】Canonから富士フイルムに乗り換えました

【Ubuntu】自宅サーバーの消費電力の推定

2018-02-28

最近電気代高いなぁ....と思って,過去2年分の電気代を整理して見えてきた自宅サーバーの消費電力.

1.はじめに

自宅サーバーを本格的に運用してからそろそろ1年が経過する.

ここ2年の電気代を可視化してみたら,明らかに今年は去年よりも増えていたので,この差分がおおよそ自宅サーバーの運用電力だと推定できる.

 

ここではその可視化したデータを記録する.

 

 

なお,電気の契約プランは東京電力 従量電灯Bである.

2.自宅サーバーのハードウェア

ハードウェアは次の通りである.

Praxis 1802(PCケース)
XCP-A400(電源)
N3050B-ITX(マザーボード)

 

電源の定格は400Wであり,マザーボードの消費電力を,CUPは型番から,その他は適当に簡単に見積もると,

マザーボード    50W
CPU:Intel® Dual-Core Processor N3050    TDP 6W / SDP 4W
メモリ:DDR3 x 2    5W x 2
ストレージ:HDD x 2    25W x 2
拡張カード    20W

であるので,多めに見積もって最大140W程度である.

3.自宅サーバーの消費電力と電気代の推定

過去2年のサーバー運用

手元のログによると,自宅サーバーは2年前の2016年5月からハードウェアが存在し,同年9月ころより,SSH運用を始めた.

ただし,常に電源がついているわけではなく,出先で自宅とデータをやり取りしたいことが発生し得る時(長期の外出など)のみ電源をつけていた.

 

そして,2017年2月中旬に録画サーバーとして本格運用開始,その後,このブログなどを運用するHTTPサーバーの運用も同月下旬に開始したため,ちょうど昨年2017年2月からほぼ電源がついた状態で運用している.

 

したがって,昨年と今年を比べることで,その差分が自宅サーバーの消費電力だと大雑把に見積もることができる.

 

なお,今年のサーバー負荷は,80%程度の割合でほぼCPU使用率は100%である.

これは,基本的に常に録画データのエンコードスクリプトが走っているためである.

可視化した過去2年分の消費電力と電気代

月別平均消費電力と月別一日あたりの電気代は以下である.

月別平均消費電力
月別一日あたりの電気代

以上より,ほぼCPU使用率が100%の自宅サーバー運用コストはざっくりと60W,50円/日 と見積もれる.

CPU使用率がそこまで高くなければ,もう少し低くなるのではないだろうか.

(CPUをフルで回すと,5度くらいPC温度が上昇するので.)

4.関連記事

コメントを投稿

名前

Email (※公開されることはありません)

コメント