MENU

溶けかけてるうさぎ HP BLOG TOP RECENT ARTICLES POPULAR ARTICLES ABOUT THIS BLOG

CATEGORY

大学 (85) 航空宇宙 (55) 写真 (25) 旅行 (14) 飯・酒 (11) コンピュータ (88) その他 (13)

TAG

ARCHIVE

2018 (92) 2017 (80) 2016 (0)

RECENT

【駅メモ】4年目に突入して,ようやく3000駅突破 【WebRTC】Raspberry Pi搭載ロボットをWebRTCで遠隔操作しようとして失敗した 【航空宇宙】航空宇宙アドベントカレンダー 始まります! 【Perl】YAPC::Tokyo 2019 のチケットを確保しました! 【カメラ】Canonから富士フイルムに乗り換えました

【gnuplot】複数データの棒グラフのコマンドセット

2018-02-28

gnuplotのコマンドセットの備忘録 その4.

 

今回は,複数データの棒グラフを作成する.

1.実行環境

Microsoft Windows 10 Home (64bit)

Gnuplot Version 5.2 patchlevel 0

2.データフォーマット

軸目盛りと,2種のデータを並べているだけである.

#   last year   this year
Mar 35.71       179.69
Apr 83.33       232.76
:     :           : 
データファイル

3.コマンドセットと出力

set key left top
set yrange[0:]

set style data histogram
set style histogram cluster gap 1
set style fill solid
# set boxwidth 0.5

set ylabel "Average Power [W]"

plot "plot.dat" using 2:xtic(1) title "last year" linecolor rgb "light-blue", \
             '' using 3         title "this year" linecolor rgb "light-red"

set tics    font "Consolas,12"
set key     font "Consolas,12"
set title   font "Consolas,12"
set xlabel  font "Consolas,12"
set ylabel  font "Consolas,12"
set terminal pdf enhanced color size 6.0in, 4.5in
set output "W.pdf"
replot
set output
set terminal wxt
コマンドセット
PDF出力画像

4.Tips

棒グラフ・ヒストグラム

ヒストグラムモードにセット.

set style data histogram

棒グラフの間隔調整

以下のコマンドで棒グラフの間隔を変えられる.

set style histogram cluster gap 1

軸目盛りをデータファイルから

以下のように,using 2:xtic(1)でデータファイルの1列を目を軸目盛りにセットできる.

plot "plot.dat" using 2:xtic(1) title "last year" linecolor rgb "light-blue", \

5.関連記事

6.出典サイト

Official gnuplot documentation. gnuplot 5.0. Retrieved October 11, 2017, from http://www.gnuplot.info/docs_5.0/gnuplot.pdf

コメントを投稿

名前

Email (※公開されることはありません)

コメント