MENU

溶けかけてるうさぎ HP GALLERY BLOG TOP RECENT ARTICLES POPULAR ARTICLES ABOUT THIS BLOG

CATEGORY

大学 (130) 仕事 (11) 航空宇宙 (91) 写真 (65) 旅行 (28) 飯・酒 (14) コンピュータ (111) その他 (42)

TAG

ARCHIVE

RECENT

【フィルムカメラ】現在使用してる ROLLEICORD アクセサリ 生誕10000日目 記念日 【Archive】「フィルムカメラのススメ」発表スライド (ArkEdge Space LT会) 新卒入社したCookpadを退職しました(後編) ―社会人博士としての2年間― 新卒入社したCookpadを退職しました(前編) ―D進とIT企業への入社と退社―

【Sublime Text】MarkdownでMathJaxをつかったLaTeX数式表記の設定

事象発生日:2018-05-09

記事公開日:2018-05-08

アクセス数:5245

前回構築したSublime Text 3でのMarkdown環境で,MathJaxをつかったLaTeX形式の数式を使えるようにした.

その作業ログ.

1.環境

Microsoft Windows 10 Home 1803 (64bit)

Sublime Text Build 3170 (portable version)

 

Sublime Textは「」での環境構築が済んでいるものとする.

2.OmniMarkupPreviewerの設定

にあるように,OmniMarkupPreviewerパッケージ自体がMathJaxに対応しており,

Preferences → Package Settings → OmniMarkupPreviewer → Settings - User

を以下のように修正し,5行目を追加するとMathJaxが使えるようになる.

必要なファイルはバックグラウンドでダウンロードされる模様.

{
    "renderer_options-MarkdownRenderer": {
        "extensions": ["tables", "fenced_code", "codehilite"]
    },
    "mathjax_enabled": true
}

3.サンプルコードと結果

# MarkdownでMathJaxテスト with Sublime Text 3

## 日時
2018/05/09

## テンプレ
### ディスプレイ数式
ここに数式を入れます.
$$
\begin{align*}
  U(x,y) = \frac{e^{ikz}}{i\lambda z} \iint\limits_{-\infty}^{\infty} U(\xi,\eta) e^{i\frac{k}{2z} \left[ (x-\xi)^2 + (y-\eta)^2 \right] } d\xi d\eta \tag{2-7}
\end{align*}
$$
この上に数式があります.

### インライン数式
文中にも数式を入れられます.  
運動方程式は$\boldsymbol{F}=m\boldsymbol{a}$で与えられます.
サンプルコード
結果

4.参考サイト

Timon Wong. $\LaTeX$ Support in OmniMarkupPreviewer. Retrieved May 9, 2018, from http://theo.im/blog/2012/11/03/latex-support-in-omnimarkuppreviewer/

関連記事

コメントを投稿

名前

Email (※公開されることはありません)

コメント